確率計算に使える関数とか(はじめに)

 

最近は各種数値を入力すると設定判別、期待値等を計算してくれるサイト、アプリが数多くあります。

自分は対象役をカウント、入力するだけで良いので便利ですが、新台時などは、サイト・アプリが対応していないからと言って諦めて終わりですか?

そしていざ自分で計算しようと思っても手計算では大変、電卓を使うとしても結構大変です。

ただ表計算ソフト(エクセルとか)を使えば結構簡単に出来ます。

そして普通に計算式を入力するだけでも計算は楽になりますが、さらに便利な機能として「関数」を使う事が出来ます。

関数を使う事でめんどくさい確率計算が一気に簡単になります。

一口に関数を使えば簡単と言われてもどうして良いかわからない感じだと思うので、いくつかスロット・パチンコに使えそうな関数を使用例と合わせて紹介したいと思います。

 

ちなみに使用する表計算ソフトはオープンオフィスを使いたいと思います。

自治体でも使用実績があるので名前くらいは聞いた事があるかもしれません。

ただしサポート終了にともなって色々問題もあるようですが、無料で使える事、書式違いが無い事は無いですが考え方については同じという事で採用したいと思います。

ちなみに別サイトで同じような事をしています。

参考 表計算に関連する記事一覧

基本的にはここからいくつかピックアップして紹介しますが、少し昔の記事という事もあって新規に書き直したいと思います。

目標は週一くらいで更新したいと思いますが、不定期更新になると思います。

という事で週末くらいには本編を更新したいと思います。